営業時間 

月曜〜木曜16:30-20:30/ 金曜〜日曜祝日9:30-19:00 (不定休)

*完全予約制

​東京都港区 東京メトロ・都営線「白金高輪駅」徒歩4分

flowerroad7@gmail.com / 090-7239-3425

  • Instagram
  • Facebook Globe

 Open  

Weekdays(from Monday to Thursday) 16:30 - 20:30

Friday, Weekends & Holidays 9:30 - 19:00 (CLOSED: to be announced)

Access: 4 mins walk from Shirokane Takanawa subway station, Minato-ku, Tokyo

flowerroad7@gmail.com    /   090-7239-3425

ATSI(Anatomy Trains(R) Structural Integration)Certified Practitioner - IFA(International Federation Aromatherapists)Certified Therapist - Effective Touch(R) Oil Treatment Superior Therapist - INDIBA Therapist, Foot Reflexologist 

 Body & Facial Treatment Salon

HANAMURA

AROMATHERAPY, INDIBA, ATSI(Anatomy Trains Structural Integration), Foot Reflexology, etc.

ATSI 12 Series - Special Offer

Anatomy Trains Structural Integration

Valid until December 31st, 2019

 

1 session trial   ¥8.000 regular fee ¥10.000 (Approach line: SFL(Superficial Front Line))

2 sessions trial  ¥16.000 regular fee ¥20.000 (Approach line: SFL & SBL(Superficial Back Line))

3 sessions trial  ¥24.000 regular fee ¥30.000 (Approach line: SFL, SBL & LL(Lateral Line))

All 12 series(Sessions)  ¥95.000  regular fee ¥120.000

*If you would like to continue after session 3, please pay the balance.

*Session time: 75~90 mins
 (100~120 mins including getting change, body reading, etc.)

*Please bring 2-piece swimming suit or yoga/pilates tops & short pants, etc. (for women)

  Spines will be treated so, it will be better if the tops don't cover spines thoroughly.  

*Interval of each session will be 1~2 weeks. We will decide on each client's condition.

 

“Structural Integration” is not like massage or oil treatment.

It uses connective tissue manipulation (we call it fascial work) and movement (kinesthetic) re-education to lengthen the body and organize it around its vertical axis.

By unwinding restricted tissues and achieving the bones floated in coordinated tissues, generally, clients feel more their center.

 

 

 

This restores the feeling of ‘lift’ as the person makes their body longer from their previous patterns toward the highest potential and kinetic energy of an easy upright alignment.

 

For the session, we start to assess the client’s body to recognize as the client’s posture now and how it could be for being more comfortable and functional.

Often, their postures would be corroborated with a carefully taken history, palpation, and gait or other movement assessment.

Clients participate in the work by moving according to the practitioner’s cue during the session, that makes the work more effective and efficient. As both the practitioner and client work together, we call it “collaboration work”.

It also draws clients attention to their state of tissues as well.

 

The idea of “Structural Integration” is to assist the clients in the process of ‘growing out of the pattern’ and our approach (and vocabulary) emphasize the interrelationships within the person’s body rather than their relation to anyone else or to a platonic ideal.

 

It is not a symptom-oriented work even though it is often effective for chronic pain.

 

 

SI work is not just massage. Client is required participation and commitment for the works.

 

ATSI series of 12 soft-tissue manipulation sessions are based around reading and treating the cohesive fascial continuities (meridians) of the Anatomy trains which is developed by Tom Myers.

It is a journey to explore a client’s body from inside and outside through 12 sessions.

It will last a certain period from 12 weeks minimum to 30 weeks.

 

-It might be a journey to find a cause of chronic pain or disorder and to ease them…

-It might be a journey to become more comfortable and functional body…

 We could set our own goal from the beginning of the session if clients have a particular one.

But, we could also embark a journey of 12 sessions to seek for own neutral posture to better function of their body.

 

There is no predetermined formula or recipe for ATSI work.

Depend on client’s pattern or what to do in their lives, etc. we use our accurate way to approach the clients. So that we can say that it is more creative than massage.

 

What we can do for clients as a practitioner is:

 Find restricted fasciae / soft-tissues,

 Find areas most off-center, out of alignment, imbalanced,

 

It may:

 Release fasciae appropriately,

 Make a space inside of client’s body, (which also give a space for vascular systems, neural system, organs, skeletal system, etc.)

 Make client’s body more neutral and center

 Make client’s body more functional

 Relieve client’s chronic pain, etc.

IT’S MY STORY

ATSI (アナトミートレイン ストラクチュラル・インテグレーション)

*ATSIシリーズは、体中に張り巡らされているFascia(ファッシア,筋膜)にアプローチすることにより、姿勢のバランスを整え、日常や運動時の動きの機能改善を目指します。

 

全12セッション:

 1~4は 体の浅層(Superficial)

 5~8は 体の中心部(Core)

 9~12は 統合と調整(Integrating & Coordinating)

で、構成されています。

 

浅層のファッシア(筋膜)を体の前面、後面、側面、ラセン面でリリースし、その後、体の深層部を部位別にリリース。最後の4セッション(9~12)では、それまでの8セッションでリリースしたファッシア(筋膜)を全体として統合していきます。

(セッション11ではアームライン(腕)にアプローチし、整った軸骨格に)

 

*各セッションの時間は75~90分で、ボディリーディングやお着替えの時間を入れて、所要時間は100~120分となります。

 

*ATSIシリーズは、プラクティショナー(施術家)とクライアントさんとのコラボレーションワークです。

 ・セッション前にボディリーディング(姿勢評価)をし、歩行等の動きを一緒にチェックします。

 ・手術歴や傷、既往歴等の話も伺います。

 ・セッション中は、ファッシア(筋膜)を効果的にリリースするため、クライアントさんにも動きや呼吸でご協力いただきます。またセッション中も何度かお立ち頂き、姿勢や特定部位リリース後の感覚、動きの変化を確認します。

 

ATSIセッションのレシピ

 

セッション1

SFL: スーパーフィシャル・フロント・ライン(浅層前面)

<足趾の先端から下肢前面〜体幹を胸骨上端まで上行し、頸部の側面に沿って頭蓋後面まで>

 

セッションの説明とクライアントさんとともにセッションを通じてのゴールを設定します。

又、呼吸を楽にし開放するとともに、腕の付け根も開放して行きます。

[重要構造組織] 足根支帯と下腿筋膜 / 肋骨下アーチと胸骨筋膜 / 胸鎖乳突筋

 

 

セッション2

SBL: スーパーフィシャル・バック・ライン(浅層後面)

<足底から下肢後面を仙骨まで上行し、更に頭蓋後面まで走り、頭頂を越えて前頭部まで>

 

背面の厚い筋膜や組織に深くアプローチしていきます。立位での足底接地を改善し(グランディング)、矢状面(側面)で見た時のバランスを整えます(体背面の一次的カーブと二次的カーブ:後頭から足底までの理想的なカーブ)。又、腕(バック・アーム・ライン)の均整をとります。

[重要構造組織] 足底筋膜 / ハムストリングス / 脊柱起立筋 / 後頭下筋

 

 

セッション3

LL: ラテラル・ライン(浅層外側面)

<足底から下肢と体幹の側面を上行し、肩関節複合体の下を通り頸部側面と頭蓋側面まで>

 

体の側面を解放し呼吸機能を広げるとともに、身体をバランスよく安定するようにアプローチます。又、外側のコア(中心)部分にもアプローチしていきます。

[重要構造組織] 腓骨筋膜 / 腸頚靭帯 / 外側肋骨 / 腰方形筋, 及び斜角筋筋膜

 

 

セッション4

SPL: スパイラル・ライン(二重の対抗する螺旋面)

<頭蓋の側面から頸部を横切って反対側の肩と肋骨まで走り、腹部を横切って寛骨前面に戻り、膝の外側、足根の内側、足部アーチの下を通り、下肢を上行して頭蓋まで戻る>

 

身体浅層の回旋制限を緩和し、肩甲骨周囲や足底アーチのスリング・バランスをとります。浅層部ラインのワークの締めくくりのセッションとなります。

[重要構造組織] 菱形筋〜前鋸筋の複合体 / 腹斜筋 / 前脛骨筋〜長腓骨筋のスリング

 

 

セッション5

Lower DFL: 下部ディープ・フロント・ライン(深層部下部)

<中心部・コアのライン。足底の深層(足の内側縦アーチ)から下肢内側を股関節前面まで上行。その後、ここでは腸腰筋の起始部(胸椎12番あたり)または横隔膜まで>

 

下肢深層部をリリースして下肢の内側面によるサポートを構築します。内転筋をリリースしてバランスを取り、足底接地(グラウンディング)を更に安定させます。また、骨盤や内臓を下部組織からサポートしていきます。

[重要構造組織] 下肢の深後区画 / 股関節内転筋群 / 小転子の腰筋複合体接合部

 

セッション6

Middle DFL: 体幹部ディープ・フロント・ライン(深層部中部)

<腸腰筋、横隔膜、脊柱前面〜胸椎の凹部を通る。腹筋の深層部も含む>

 

腸腰筋や横隔膜のバランスをとり深層からより深い呼吸を獲得します。腰椎の適切なサポートとポジションを見つけ、骨盤底筋と横隔膜とが最適な相互関係となるように調整していきます。また、フロント・アーム・ライン、特にディープ・フロント・アーム・ラインも調整していきます。

[重要構造組織] 腰筋 / 横隔膜 / 前縦靭帯、内臓付着部 / 腹部筋膜の深層

 

 

セッション7

“Deep Back Line”:「ディープ・バック・ライン」

<体背面の骨の目印(ボニー・ランドマーク)となる部位(踵〜坐骨結節〜仙腸関節〜胸腰部関節(胸椎12番)〜胸椎4番あたり〜後頭部)、深層横突棘筋(回旋筋や半棘筋)・多裂筋〜骨盤周りを後面からアプローチ(梨状筋等の深層外旋筋群等)>

 

DFL(ディープ・フロント・ライン)に関連する「ディープ・バック・ライン」をリリース。

身体後面の骨のサポートを良好な状態に整え、本質的な仙骨の動きを改善します。また、脊柱の回旋や屈曲をリリースする為、深層へアプローチしていきます。

*頭部は主にセッション8の範囲のため、セッション7では主にその下までの施術となります。

[重要構造組織] 梨状筋及び深層外旋筋 / 骨盤底筋 / 踵骨 / 多裂筋及び横突棘筋

 

セッション8

Upper Deep Front Line & “Deep Back Line”: ディープ・フロント・ラインと「ディープ・バック・ライン」の頭頸部

<肩〜頸部〜顎〜頭部>

 

頭部を身体の正中線へ近づけ、口内・鼻内のアプローチをし、顎関節から側頭骨の下顎骨とのバランスを整え、顔面頭蓋と神経(脳)頭蓋をリリースし、バランスを取ります。顔面のファッシアをリリースし、また頚椎周りの組織のバランスを整えます。

[重要構造組織] 蝶形骨 / 顎関節 / 舌骨複合体 / 頚椎・深層前部頸筋

 

<<統合(インテグレーション)セッション>>

セッション9

下肢帯の統合

歩行と骨盤のサポートに重点をおき、骨盤と下肢を走行する7本のファッシア(筋膜)ラインにおける良好な緊張バランス、十分な動き、統合へと導きます。

 

 

セッション10

胴体と呼吸の統合

呼吸と体幹の機能的統合に重点をおき、胸郭周りと胸郭を走行する11本のファッシア(筋膜)ラインにおける良好な緊張バランス、十分な動き、統合へと導きます。

 

セッション11

上肢(肩と腕)の統合

クライアントの腕の動きの機能的統合に重点をおき、肩と上肢帯の4本のファッシア(筋膜)ラインにおける良好な緊張バランス、十分な動き、統合へと導きます。

 

セッション12

アナトミートレインのファッシア(筋膜)ラインと関節のバランス調整

脊柱における動きの機能的統合に重点をおき、脊柱の深層筋のバランスや全身の良好な緊張バランスを整えます。

【モニター料金】

ページ上記をご参照ください。

※現金でのお支払いのみになりますことをご了承ください。

【モニター期間・スケジュール】

初回にお越しいただいた後、2回目以降のスケジュールは相談して決めていきます。

各セッションの間隔は1~2週間になります。

【モニター条件】

20歳以上の方。他、注意事項は下記をご覧ください。

【ご持参いただくもの】

セパレイトタイプの水着、またはスポブラなどのトップスとショートパンツやショート丈のスパッツなど。

脊椎(背骨)をきつく覆うようなヨガ/ピラティスのトップスよりもシンプルでノーマルなブラが適しています。

 

【注意事項】

​以下に該当する方はモニターをお断りさせていただくことがあります。

詳しくは直接お問合せください。

・動脈瘤

・動脈硬化(循環障害で服薬中など)

・骨折や急性の軟部組織損傷

・コルチゾンでの治療

・発熱や風邪、頭痛などの症状

・感染症などの疾患

・腱炎や滑液包炎などの炎症性疾患

・自己免疫疾患

・骨粗鬆症

・静脈炎や静脈瘤

・最近の損傷(手術を含む)

・妊娠中

・生理中

​・椎間板の異常

・てんかん

・ヘルペス

・心臓病

・高血圧(極度)

・糖尿病

​他、気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。